一律10万円給付は誰にいつからいつまで?給付方法を調査

社会

 

2020年4月17日、「緊急事態宣言が全国へ拡大」とともに「10万円給付」についても新たな情報が発表されました。

誰が貰えるのか

所得制限はあるのか

いつから貰えるのか

この辺りが一番気になるところですよね。

そこで今回は、『一律10万円給付』の詳細について調査しました!

 

一律10万円給付は誰にいつからいつまで?

 

17日に安部総理が会見で、10万円給付について言及がありました。

そこで、当初の30万円現金給付に代わり、一律10万円給付が決定されました。

では、その詳細を解説していきます。

 

誰に?

 

国民全員に一律10万円

所得制限・条件なし

新生児から高齢者まで、国民全員に給付されることが決定されました。

 

いつからいつまで?

17日の会見では、

「補正予算案をやり直すため、1週間程度要する」

「できるだけ早く実施します」

「スピードが極めて重要」

と、安部総理が会見で語りました。

 

まだ具体的な期日は決まっていませんが、給付までの時間はある程度期待はできるでしょう。

予想では、「5月中に配布」とされています。

そして、今のところこの一律10万円給付の期限については「一度きりの配布」のようです。

 

 

一律10万円の給付方法

 

10万円給付が決まれば、一番気になるのが『給付方法』ですよね。

17日の会見で安部総理は、「窓口での対応ではなく、郵送やオンラインでの対応にしたい」と発言しました。

確かに、窓口の前に人が押し寄せればクラスター化してしまいますので、直接の給付は有り得ないでしょう。

では、どのような給付方法が予想できるのか?

 

銀行口座への振り込み

小切手での郵送

現金書留

電子マネー

 

家賃や各種振り込みに利用したい人も多いはずですので、『銀行口座への振り込み』『現金郵送』が理想的ですよね!

どちらにしても、スピード給付に期待したいところです。

給付方法については、詳細がまだ決定していませんので、また追記したいと思います。

 

一律10万円給付が貰えたら、次は『いつまで貰えるか』

 

はじめは住民税非課税世帯に30万円の給付でしたよね。

これは、結局「一部の人しか現金が貰えない」と批判が殺到しました。

ですが、われわれ国民がこの政策に疑問を持ち、不満の声をあげることによって、全員が貰える『一律10万円給付』が現実的になりました。

閣議決定した事項を変えたことは凄いことです。

正直、一度きりの10万円給付では、生活や事業の問題を解決できない人は多いと思います。

不安を溜め込まず、声をあげましょう。

ツイッターやSNSは誰でも意見を言える場所です。

さらに、自民党や各党のホームページには「ご意見フォーム」がありますので、直接不安や不満を伝えることもできます。

たくさんの声によって、2ヶ月、3ヶ月目の10万円給付も現実になるかもしれません!

 

まとめ

『一律10万円給付は誰にいつからいつまで?給付方法を調査』というトピックでお送りしました。

 

■一律10万円給付は誰に⇒国民全員、制限なし

■いつから⇒5月中が濃厚

■いつまで⇒今のところは一度きり

 

一律10万円給付が現実的になったのは、私たち一人一人の「声」の力が大きいです。

どんどん声を上げて政治を変えていきましょう!

 

コメント