吉見コスモス祭り2020見頃や開花状況は?アクセス・駐車場も!

秋のレジャー

こんにちは、いずみんです。

今回は、埼玉県で大規模なコスモス畑が見れる「吉見町のコスモス」をご紹介です。

吉見の田園地帯に広がるコスモスの景観は圧巻で、ぜひ秋には訪れてほしいスポットです。

ここでは、コスモスの摘み取りをはじめ、気球体験や枝豆狩りなどのイベントが組み込まれた祭り

が開催されます。

そこで、吉見のコスモス祭りに出かけるにあたって「見頃・開花状況」や「アクセス方法」、「駐車場情報」など気になる部分をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

吉見コスモス祭りの見頃と開花状況

吉見町のコスモス祭り2020年の見頃は、10月中旬から10月下旬になります。

埼玉県の吉見町下細谷耕地では、毎年秋になると約800万本ものコスモスが一面を覆いつくします。

吉見町のコスモス畑は年々規模を広げ、関東でもこれだけ大規模のコスモス畑を見られるのは珍しいです。

広範囲に広がるコスモスの景観は圧倒的な素晴らしさで、毎年たくさんの人がコスモスを見たり、イベントを楽しみに訪れますよ。

そして、このコスモス畑で開催されるのが「よしみコスモスまつり」です。

 

開花状況は公式サイトでチェック!

吉見町ホームページ

見渡す限りに圧巻の秋景色!埼玉「よしみコスモスまつり」

「よしみコスモスまつり」について

■祭り名:よしみコスモスまつり

■開催日:2020年10月日、2020年10月日

■営業時間:ー

■場所:埼玉県比企郡吉見町大字下細谷411耕地内

■入場料:無料

■イベント:コスモス摘み取り(有料)、枝豆狩り(有料)、気球体験(有料)、かかしの展示

 

よしみコスモスまつりは、下細谷地区東部の耕地(麦畑)を利用してコスモスが植えられ10月に見頃を迎えます。

このお祭りでは、農産物の販売屋台も出店するので、綺麗なコスモス畑を見ながらピクニック気分で食事ができます。

コスモスの摘み取りと、枝豆狩りは人気のイベントで、みなさんたくさんお持ち帰りしていますよ♪

また、気球から見下ろすコスモス畑を見たり、写真に収めるのもなかなかできない経験だと思います。

持ち物や準備は?

・畑なのでスニーカーがオススメ!

・ティッシュとウェットティッシュ!

・コスモスや枝豆、野菜を持ち帰るための袋!

・天候に合わせた服装

・ハサミ等(あったら便利)

 

あたりを最低限準備すれば問題ないと思います。

また、畑の真ん中でトイレは仮設トイレしかないので、できるだけ事前に済ませておきましょう。

アクセス方法

開催場所は「道の駅いちごの里よしみ」の近くになります。

 

■電車で行く

JR高崎線鴻巣駅西口から川越観光バス「東松山駅行き」 で「比企吉見農協前」下車 徒歩約3分。

東武東上線東松山駅から川越観光バス「鴻巣免許センター行き」 で「比企吉見農協前」下車 徒歩約3分。

バス乗車時間約15分。

■車で行く

関越自動車道東松山ICから鴻巣方面へ約7km。

東京方面から国道17号より鴻巣左折、約8km。

 

駐車場

駐車場は、祭り専用の臨時駐車場か「道の駅いちごの里よしみ」になります。

ただ、「道の駅いちごの里よしみ」は非常に混雑が予想されますので注意しましょう。

臨時駐車場と道の駅どちらも混雑している場合は、

400mほど離れた場所にある吉見町町民体育館(フレサよしみ)の駐車場を利用しましょう。

祭り会場まで行ける、無料のコスモスまつり専用シャトルバスが出ています。

 

人気の「道の駅いちごの里よしみ」に立ち寄ろう!

コスモス畑のすぐ隣には、「道の駅いちごの里よしみ」という農産物直売所があります。

吉見町は苺の産地で、苺にちなんだ食品産地直送の野菜が販売されています。

採れたての美味しい苺が店頭に並び、苺シーズン中はとても混雑するみたいですよ!

それほど美味しくて人気ということですね!

また、飲食店や遊具や芝生で遊べる公園もあり、家族連れにも人気の場所なのです。

「道の駅いちごの里よしみ」では、「よしみコスモスまつり」の時期に合わせ様々なイベントが開催されますので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

 

まとめ

「吉見コスモス祭り2020見頃や開花状況は?アクセス・駐車場も!」というトピックで紹介させていただきました。

青空と気球バックに見る、壮大なコスモス畑はとても見応えがあります。

もちろん吉見町のコスモス畑はお祭りの後も見れますので、ぜひ秋の思い出のひとつに訪れてみてはいかがでしょうか。

 

コメント